展覧会紹介

「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」

「エヴァンゲリオン」シリーズをはじめ、数々の作品でファンを魅了してきた監督・庵野秀明。その創作活動の原点であり、多大な影響を与えてきたのが、幼少期からこよなく愛してきた「特撮」でした。

円谷英二が開拓し、発展させた日本の特撮は、精巧なミニチュアで作られた町や山や海を舞台に、怪獣やヒーローやスーパーマシンたちが活躍し、見る者をワクワクさせてきました。

しかし現在、特撮は、デジタル技術の発展と共に形を変え、その価値を見直す岐路に立たされていると言えます。それとともに、特撮の語り部であり、貴重な財産であるミニチュアや小道具などは散逸し、失われつつあります。本展覧会は、特撮のこうした状況を何とかしたいとかねてから考えてきた庵野秀明が「館長」、そして、その同志である映画監督(特技監督)・樋口真嗣を「副館長」として立ち上げた「博物館」なのです。

会場では、数々の映画・TVで活躍したミニチュアやデザイン画など様々な資料数百点を一堂に集めて展示し、それらを担ってきた作り手たちの技と魂を伝えます。さらに、オリジナル特撮映画「巨神兵東京に現わる」を本展のために制作。第一級の技術と熱意をもつ特撮のプロが集結しました。本展では本編の上映とともにその制作過程を詳しくご紹介します。展示をとおして日本が世界に誇る映像の「粋」、特撮の魅力に迫ります。